e2-movEはデジタル枠も対応!IT導入補助金2023の内容と昨年度からの変更点を解説

今や業界の認知度も高まってきたIT導入補助金は、今回で7回目の実施となりました。改めてこの補助金はいったいどのような内容なのか、IT導入補助金2022からの変更点も含めて解説します。

昨年度の内容を踏襲しつつ、少額からでも申請しやすくなったIT導入補助金2023

IT導入補助金とは、端的に中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。昨年度同様補助額は、最大で450万円が得られます。そして、当社のようなIT導入支援事業者という予め登録された事業者の支援を得ながら申請できる点が、他の多くの補助金と比較して、安心して申請できる魅力的な補助金となっています。

IT導入補助金2023の申請類型は、通常枠(A類型・B類型)、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型、複数社連携IT導入類型)、そして、昨年度の途中から加わったセキュリティ対策推進枠があります。

2023年度は、昨年に引き続きインボイス制度の対応も見据えていますが、IT導入補助金2022より、少額のITツールであっても申請しやすくなりました。具体的には、通常枠において補助額下限が30万円から5万円、デジタル化基盤導入枠においては5万円から下限なしへと変更されました。

実際申請する際の違いとして出てくるケースは、
例えば、IT導入補助金2022で、通常枠で総額50万円のITツールを導入しようとしても補助額下限に引っ掛かり、申請できませんでした。また、同じくデジタル化基盤導入枠で総額5万円のITツールを導入しようとしても同様に申請できませんでした。しかし、IT導入補助金2023においては、いずれのパターンも申請できます。

※赤字がIT導入補助金2022からの変更点になります。

申請者は新たに実施しないといけない内容も

IT導入補助金2023は、2022に比べて改善されているものの、申請者自身がしないといけないタスクも一つ増えました。それは、「みらデジ経営チェック」になります。「みらデジ経営チェック」は、経営課題解決に向けた”気づき”を見つけていただくための、チェック&サポートツールです。指定のWebサイトへアクセスし、gBizIDで登録・連携させ、経営チェックを実施します。今年度は、自社の会社の経営課題やデジタル化への取組状況を確認させて、適切なITツールを導入しようとしているのかどうかを見る指標を設けたものと思われます。

e2-movEはIT導入補助金2023 に対応

三谷商事が開発・提供する「e2-movE」はITツールとして登録されているため、導入時の費用が補助対象となります。

<e2-movE関連で登録している主なITツール (機能要件)>
・販売工事会計システム 「e2-movE クラウド」 (会計・受発注)
・販売管理システム   「e2-movE 販売」   (受発注)
・工事原価管理システム 「e2-movE 工事」   (受発注)
・会計システム     「e2-movE 建設会計」 (会計)
・ワークフローシステム 「e2workflow」

2023年4月18日時点で、3次締切分(6月2日締切、セキュリティ対策推進枠を除く)までのスケジュールが発表されています。例年の傾向から4次以降も追加されると予想されますが、早めの申請で採択される方が、導入実施期間が長くなったり、もし不採択となっても申請を再挑戦できる可能性が高いので、ご検討されている場合はお早目のご決断をお勧めいたします。また、本補助金や当社ITツールについてご不明点等ありましたら、三谷商事までお気軽にお問い合わせください。申請手順も一からご支援いたします。

▽ 2023年6月12日 追記 ▽
補助金の交付申請スケジュールが追加となっています。
・通常枠
 3次締切分 → 締切日:7月10日(月)
 4次締切分 → 締切日:7月31日(月)
・デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)
 4次締切分 → 締切日:6月20日(火)
 5次締切分 → 締切日:7月10日(月)
 6次締切分 → 締切日:7月31日(月)
※申請スケジュールの詳細についてはこちらをご確認ください。

※当社登録ITツール e2-movE 各種ソフトの詳細についてはこちら

昨年度の全国的な結果を見ても、年間平均採択率は通常枠で58.0%、デジタル化基盤導入枠で82.1%に上ります。
特にデジタル枠は、高採択率で当社も全国平均の水準を超えた実績をIT導入補助金2022で残しました。

今年は10月にインボイス制度施行を控え、その対応に本補助金を活用すれば、他の事業に予算を振り分けることができます。必要な書類の手配を除いて申請は全てオンラインで行います。申請手続きをご面倒に思われる方もいらっしゃると思いますが、比較的容易な申請形態です。この機会に是非ご活用ください。

e2-movEの詳細が分かる資料を公開しています

e2-movEとは、全国の建設・工事・建材販売業界400社以上の導入実績がある、工事管理・販売管理を支える画期的なシステムです。

「e2-movEについてもっと知りたい!」「とりあえず、e2-movEの概要を確認したい」
そんな方は、こちらより資料のダウンロードください。

e2-movEのオンラインデモ受付中

e2-movEの詳細な説明をご希望される方にはオンラインデモを実施しております。
オンラインデモをご希望の方は、こちらからお申込みください。

最新の投稿もチェック!

出面管理とは?勤怠管理と連携して建設業の働き方改革に備えよう

2023-09-15 11:06

工事現場において重要な、出面管理。重要な作業にも関わらずアナログな管理がなされており、非効率な状態になっているケースも見られます。そこで今回は、出面管理の基本と、建設業の働き方改革に備え出面管理と勤怠管理を連携させる重要 […]

e2-movEはデジタル枠も対応!IT導入補助金2023の内容と昨年度からの変更点を解説

2023-04-19 13:37

今や業界の認知度も高まってきたIT導入補助金は、今回で7回目の実施となりました。改めてこの補助金はいったいどのような内容なのか、IT導入補助金2022からの変更点も含めて解説します。 昨年度の内容を踏襲しつつ、少額からで […]

改正電子帳簿保存法はどう対応する?2年の猶予期間中に必要な対策とは

2023-02-13 11:05

2022年1月に電子帳簿保存法が改正され、これにより企業はいくつかの対応を迫られました。特にこれまで電子化やDXを進めていなかった企業では、新しいシステムの導入や運用の変更などを余儀なくされています。 そこで今回は、改正 […]

建設業の新3Kとは?従来の3Kとの違いや新3Kを実現するために必要な取組を徹底解説!

2023-02-03 10:24

かつて建設業は、「3K」業界だと呼ばれていました。この3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」という言葉がセットになったとても不名誉なワードでした。実は今、建設業界はこの旧式の3Kから新しい3Kに変貌しようとしています。そこ […]

ウッドショックの影響が止まらない……原価管理の徹底でコスト高を乗り切る!

2022-09-28 11:22

新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界中で大規模な不況を生み出しました。しかしコロナ禍に突入して時間が経ち、いまだ先行き不透明な業界もあれば、回復した業界もあります。中でも今回は新築戸建て住宅売買業に注目し、ウッドショッ […]