『建設業界の魅力とは?中堅が語る仕事のやりがい』

建設業界と言えば、長らくネガティブなイメージを持たれてきました。しかし実際にその業界で働く方に話を聞くと、多くの人がやりがいをもって仕事をしています。今回は、建設企業に勤める3~8年目の中堅社員6名に、どんなやりがいを感じているのか、それぞれエピソードを披露していただきました。

成果が目に見えて子供に誇れる

建設会社で働く最大の喜びは「成果が目に見えてわかる」ことだと思います。自分が時間をかけて取り組んだ結果、大きなビルや橋ができた時の感動はひとしおです。完成後もその建物の前を通って、「たくさんの人が使ってくれているな」という様子が見えるので、仕事で落ち込んだ時もモチベーションを上げられます。

私には三歳の息子がいるのですが、その子を自分がかかわった建物に連れて行くこともできます。もちろんまだ細かい部分は理解していませんが、「ここ、お父さんが作ったんでしょ?すごいね」と言ってもらうと、いつでも誇らしい気持ちになります。

お客様の生活に寄り添える

私は住宅設計の仕事をしています。お客様に間取りやデザインなどをヒアリングして理想通りの設計をしていきますが、単に言われたとおりのものを作るわけではありません。プロとしてこちらから提案もしていきます。以前私が担当したご家族で、奥様が妊娠していらっしゃいました。これから生まれるお子さんと三人で暮らす家を設計したのですが、その際に床の材質など細かいところまでご提案させていただいたんです。

ご入居後は特にご連絡をいただいていませんでしたが、赤ちゃんが生まれ落ち着いたころに「最近うちの子が歩くようになり家でよく転びますが、おかげさまで怪我はしていません。○○さんに言ってもらった床にしてよかったですとハガキをいただきました。それが嬉しくて、そのハガキは今でも大切にとってあります。

オリンピックに関わることができた

私が働いている建設会社が、新国立競技場の建設に携われることになり、今日までプロジェクトを進めています。これまでスポーツや国際的なイベントになんて縁のなかった人生でしたが、仕事を通して東京オリンピックという歴史的な祭典に関われることになり嬉しいです。

建設業界のいい点は「自分が作ったものが後世まで残る」というところ。新国立劇場であればこの先何十年も残っていくはず。自分の友人や家族にも自慢できそうです。

最先端技術を使って仕事ができる

もともと、建設業界と言えば「きつい」「汚い」「危険」という3Kのイメージを持っていました。しかし学生時代のインターンシップで、そんな印象はもう古いと知ったんです。私がいた会社では、ドローンを使って現場の写真撮影などをしていました。ドローンなんて見たことがなかったので、びっくりしたのを覚えています。

結局、別の建設会社に入社して働いていますが、うちでもGPSで測量を効率的に行うなどテクノロジーを有効活用しています。これからはウェアラブルテクノロジーの導入が検討されていることもあり、最先端技術を使って仕事ができるのはやりがいの一つです。

マルチタスク能力が高まる

施工管理という、建設現場の監督などする仕事をしています。他業種の方は想像しにくいかもしれませんが、業務は本当に多岐にわたっています。施工計画を立てて、スケジュールを逐一確認しながら工程を管理。現場が動き出したら危険なく作業できているか安全管理を徹底し、建築中の建物を写真などに残して品質管理もします。予算についても原価管理をしっかりして、赤字にならないようにするのが私の仕事です。

業務の幅が広い分、仕事の量も多く大変なこともあります。今の仕事をし始めたときは、自分が先輩のようにバリバリこなせるようになるとはとても思えませんでした。しかし後輩を持ち始めたころ、「自分も、○○さんみたいに何でもできるようになりたいです」と言ってもらえたんです。あの頃の先輩に少しは近づけてるのかなと、嬉しく思いました。

働き方改革で仕事とプライベートを両立

会社の40~50代の先輩に若手時代の話を聞くと、正直「よくそんな無茶な働き方ができたな」と思ってしまうエピソードがたくさん出てきます。でも、今の自分はそんな働き方とは無縁です。建設業界というととにかくきついと思われがちですが、私の場合は同世代の友人よりもゆとりあのある働き方ができています。

現場でも週休2日制度が少しずつ根付き始めていますし、有給休暇やリフレッシュ休暇をしっかり取得できています。空いた時間では家族サービスしていて、先月は3泊4日の温泉旅行にも行きました。しっかり休めるからこそ、勤務中は仕事にも集中できています。

e2movEの詳細が分かる資料を公開しています

e2movEとは、全国の建設・工事・建材販売業界400社以上の導入実績がある、工事管理・販売管理を支える画期的なシステムです。

「e2movEについてもっと知りたい!」「とりあえず、e2movEの概要を確認したい」
そんな方は、こちらより資料のダウンロードください。

e2movEのオンラインデモ受付中

e2movEの詳細な説明をご希望される方にはオンラインデモを実施しております。
オンラインデモをご希望の方は、こちらからお申込みください。

最新の投稿もチェック!

建設業界の常識が変わる?残業の上限規制開始で変わることと必要な対応とは?

2022-07-19 19:52

2024年4月、時間外・休日労働に関する協定、36協定が変更され、残業の上限時間が変更されます。これにより、建設業界では否が応でも大きな働き方改革をせざるをえません。具体的にどう変わるのか、どんな対応が必要なのか、具体的 […]

面倒な作業を90%カット!e2movEと「楽楽明細」の連携で何ができる?

2022-06-21 14:18

e2movEは複数の他社パッケージと連携しており、企業における様々な業務の効率化をサポートします。中でも今回注目するのは、楽楽明細です。楽楽明細と連携することでどんなメリットがあるのか解説します。 楽楽明細とは? 楽楽明 […]

e2movEも対応!IT導入補助金2022の実態と対策を解説

2022-06-09 21:32

2017年より始まったIT導入補助金は、今年6回目の実施となりました。この補助金はいったいどのような内容なのか、e2movEも含め、どういったものが補助対象となっているのかを解説します。 インボイス制度を意識したIT導入 […]

建設業の営業職とは?仕事内容ややりがい、仕事効率化のテクニックを解説!

2022-03-23 17:11

様々な業界で活躍する、営業職。業界によって扱う商材や必要なスキルなどは異なりますが、今回は建築業界の営業職に焦点を当てます。どのような仕事内容で、仕事効率化のために何が必要なのかを解説します。 建設業における職種とは? […]

出来高払いとは?適用するための4つの条件やメリット、適切な進捗方法や活用法まで徹底解説!

2022-03-10 17:02

建設業では業界ならではの言葉が多く、特に会計に関する知識は独特のものがあります。そこで今回は出来高払いに焦点を当て、どんなメリットがあるか、どのように管理すべきかなどを詳しく解説します。 出来高払いとは 一般的な小売業で […]