ウッドショックの影響が止まらない……原価管理の徹底でコスト高を乗り切る!

新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界中で大規模な不況を生み出しました。しかしコロナ禍に突入して時間が経ち、いまだ先行き不透明な業界もあれば、回復した業界もあります。中でも今回は新築戸建て住宅売買業に注目し、ウッドショックの影響について解説します。

ウッドショックの影響で落ち込む新築戸建て住宅販売

コロナ禍ではリモートワークが広がり、オフィスに出勤せず自宅で仕事をする人が増えました。これにより、これまで休日と平日の夜しか家で過ごしていなかった方も多くの時間を家の中で過ごすことになり、「良い家に住みたい」という需要が高まっています。

そこで特にアメリカで盛り上がったのが、新築戸建て住宅売買業です。広々とした戸建てを、中古ではなく新築で購入する人が増えています。アメリカでは次々と新築の戸建てが建てられており、その影響で建築用木材の需要が急増、価格高騰が起きました。そもそも虫害や山火事などにより不足状態だったこともあり、非常に厳しい事態になっています。この状況はウッドショックと呼ばれ、日本にも多大な影響を与えています。

国内での丸太価格は2020年7月を境に上昇。日本でもコロナにより落ち込んだ新築戸建て住宅販売が回復していたものの、このウッドショックにより再度厳しい状況を突き付けられています。

企業物価指数を見ると、2020年6月の木材・木製品・林産物輸入物価指数は円ベース92.8だったところから、7月に103.1、12月に103.4と上がり続けています。(参考:企業物価指数(2020年6月)企業物価指数(2020年7月)企業物価指数(2020年12月)

また、全国建設労働組合総連合が32都道府県273社を対象に2021年8月6日~8月30日に行った「ウッドショックによる工務店影響調査(第2回)」によると、同年5月と比較して、木材の調達状況はどうかという質問に対し、51%が「悪化」と回答。木材価格の状況に関しては、56%が「大きく値上がり」、37%が「若干値上がり」と答え、依然として厳しい状況が継続していることがうかがえます。

これに伴い、木材価格の高騰によるコストアップの負担を「一部を自社で負担」したのが全体の48%と半分近くを占め、経営的にも大きなダメージを受けていることがわかりました。(参考:「ウッドショックによる工務店影響調査(第2回)」)

こういった事情を背景に、新築戸建て住宅売買業は下降傾向になっています。新築戸建て成約件数は2020年4月に緊急事態宣言が出され落ち込んだ後、5月から8月につけて急上昇。その後、9月から翌年にかけて右肩下がりの状態です。これは木材の価格が高騰して新築戸建ての販売価格が上がったことも大きく関係していると考えられます。

ウッドショックの影響を原価管理の徹底でカバー

ウッドショックによって高騰した木材価格ですが、今後もいつ回復するかはまだわかりません。つまり、これまでと同じようなことを続けていては経営が圧迫され続けることになります。

芳しくない経営状況を立て直すには、商品価格を値上げして売り上げを伸ばすか、コストカットを進めて利益率を上げることが常套手段です。とはいえ値上げは簡単に顧客離れにつながるため、簡単には決断できません。

だからこそ、今一度しっかりと原価管理を徹底して無駄なコストを削減することが極めて重要です。原価管理を行うことで原価変動のリスクヘッジを実現し、損失を小さくすることができます。また、利益を正しく認識することで利益アップにもつながります。

長期的な視点で経営ビジョンを考えるためにも、原価管理は必要です。何にどれだけコストがかかるのかが見えなくては、目の前のことしか考えられず、5年後、10年後の将来が見えなくなってしまいます。

今回は木材の価格に焦点を当てましたが、原価には材料費、労務費、製造経費などの種類があります。建築用木材などの材料費だけでなく、従業員の給与や賞与、設備費用など様々なコストがかかります。これらを徹底して管理することで、材料の高騰という危機もしのぐことができるでしょう。

e2-movEで原価を効率的に一元管理

原価管理を改善する方法はいくつかありますが、もっとも効果的なのは基幹システムによる管理です。原価管理を実現するのと同時に、業務の効率化やデータの一元化といったメリットも生まれます。

しかし、建設・工事・建材販売業界などは原価の種類が他の業界に比べて特殊なため、一般的な基幹システムを入れてもうまく機能しない可能性があります。だからこそ、ぜひe2-movEをご利用ください。建設業界などですでに400社以上の導入実績があり、そこからフィードバックを得て、業界に特化した機能を次々と搭載しています。

e2-movEは工事管理や販売管理、会計等の複数のモジュールによって構成されたERPパッケージですが、工事の原価管理を行うには「e2-movE 工事管理」がおすすめです。工事を受注したらその内容をもとに、実行予算管理や進捗状況、原価計上などをまとめて把握できます。さらに支払い管理までワンストップで行えるので、業務が効率化します。

また、工種別に予算を登録できるので、予算に対する原価実績が表示され、簡単に予実管理が可能です。材料や外注委託先への発注が工事原価に連動するため、入力業務の負担も軽減。工事原価入力としては、下記に対応しています。

・工事原価入力(工事単位・仕入先単位)
・共通原価配賦入力
・立替入力
・払見込入力
・工事原価入力確認表
・共通原価配賦入力
・立替入力確認表未
・未払見込入力確認表

さらに、業界知識のある弊社スタッフが、導入から運用まで手厚くサポートします。まず専門SEがコンサルティングさせていただき、必要な機能をヒアリング。運用後のメンテナンスまで責任を持って伴走。お客様ごとのカスタマイズにも対応しているので「この部分は別のシステムを使いたい」「こういう機能が必要」といったご要望も対応します。お困りごとがある方や、ウッドショックの影響に悩まれている方は、何でもご相談ください。

e2-movEの詳細が分かる資料を公開しています

e2-movEとは、全国の建設・工事・建材販売業界400社以上の導入実績がある、工事管理・販売管理を支える画期的なシステムです。

「e2-movEについてもっと知りたい!」「とりあえず、e2-movEの概要を確認したい」
そんな方は、こちらより資料のダウンロードください。

e2-movEのオンラインデモ受付中

e2-movEの詳細な説明をご希望される方にはオンラインデモを実施しております。
オンラインデモをご希望の方は、こちらからお申込みください。

最新の投稿もチェック!

出面管理とは?勤怠管理と連携して建設業の働き方改革に備えよう

2023-09-15 11:06

工事現場において重要な、出面管理。重要な作業にも関わらずアナログな管理がなされており、非効率な状態になっているケースも見られます。そこで今回は、出面管理の基本と、建設業の働き方改革に備え出面管理と勤怠管理を連携させる重要 […]

e2-movEはデジタル枠も対応!IT導入補助金2023の内容と昨年度からの変更点を解説

2023-04-19 13:37

今や業界の認知度も高まってきたIT導入補助金は、今回で7回目の実施となりました。改めてこの補助金はいったいどのような内容なのか、IT導入補助金2022からの変更点も含めて解説します。 昨年度の内容を踏襲しつつ、少額からで […]

改正電子帳簿保存法はどう対応する?2年の猶予期間中に必要な対策とは

2023-02-13 11:05

2022年1月に電子帳簿保存法が改正され、これにより企業はいくつかの対応を迫られました。特にこれまで電子化やDXを進めていなかった企業では、新しいシステムの導入や運用の変更などを余儀なくされています。 そこで今回は、改正 […]

建設業の新3Kとは?従来の3Kとの違いや新3Kを実現するために必要な取組を徹底解説!

2023-02-03 10:24

かつて建設業は、「3K」業界だと呼ばれていました。この3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」という言葉がセットになったとても不名誉なワードでした。実は今、建設業界はこの旧式の3Kから新しい3Kに変貌しようとしています。そこ […]

ウッドショックの影響が止まらない……原価管理の徹底でコスト高を乗り切る!

2022-09-28 11:22

新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界中で大規模な不況を生み出しました。しかしコロナ禍に突入して時間が経ち、いまだ先行き不透明な業界もあれば、回復した業界もあります。中でも今回は新築戸建て住宅売買業に注目し、ウッドショッ […]