面倒な作業を90%カット!e2-movEと「楽楽明細」の連携で何ができる?

e2-movEは複数の他社パッケージと連携しており、企業における様々な業務の効率化をサポートします。中でも今回注目するのは、楽楽明細です。楽楽明細と連携することでどんなメリットがあるのか解説します。

楽楽明細とは?

楽楽明細とは電子請求書発行システムで、請求書や納品書、支払明細などあらゆる種類の帳票を発行することができます。オンラインで発行してクラウド管理ができるため、例えばリモートワークを導入している企業でも、わざわざこうした書類作成のために出社するといった手間は不要です。

すでに4,000社 以上に導入されており、多くの企業で長く使われているシステムとなっています。プランはいくつかありますが、基本的なものだと初期費用10万円~、月額費用2,4000円~です。業務が効率化することにより人件費を抑えるだけでなく、印刷代や郵送費などのコストも抑えられることを考えると、金銭的なメリットも大きいでしょう。

サポート体制が整っており、わからないことがあれば専任のスタッフが質問に答えます。また、サーバーは国内屈指のデータセンターに設置され、通信も暗号化されているため、セキュリティ面でも安心です。

無料のデモも対応しているため、「実際に使えるかわからない」「従業員に触ってもらって使い続けられそうか確かめてから導入したい」といった方も問題なく始められます。申し込みから運用開始まで約1ヶ月半というスピードも大きな特徴です。

楽楽明細を利用するメリット

楽楽明細は請求書発行業務をデジタル化することで、経理担当者の業務効率化を実現します。発行した書類は、メール添付はもちろん、郵便やFAXにも対応しており、書類を印刷し、封入し、発送するという手間がかかりません。実際に、請求書発行業務を90%削減した事例もあります。

こういった書類を発行するのは月末が多いですが、月末は一か月の中でも経理担当者にとって特に負担が大きい時期です。忙しい時に発生する仕事を減らせることは大きなメリットであり、従業員が他のコア業務に集中できる環境を整えることができます。

また、楽楽明細は2022年1月に改正された電子帳簿保存法にも対応しているため、各種書類を別途作成する必要はありません。操作も簡単で直感的に使えるようになっており、アナログからデジタルへの心理的負担も小さく抑えられます。

このようなメリットから、楽楽明細はクラウド帳票発行サービス売上シェアナンバーワンを獲得しました。

楽楽明細とe2-movEの連携

楽楽明細は単体でも非常に便利なシステムですが、e2-movEを連携させることで、よりスムーズな業務遂行が実現します。e2-movEにはいくつか種類があり、「e2-movE工事」では、実行予算や工事原価、工事入金、支払賃金などの管理が行えます。「e2-movE販売」では売掛金や工事未払い金などを取り扱い、「e2-movE支払」では経費の管理などを行います。

こういった各種情報を楽楽明細に自動で反映させ、書類を作ることが可能です。e2-movEに入力したデータをもとに、A社に対して請求書を発行して郵送し、B社には支払明細をメール添付で送るといった運用ができます。

いくつもの社内システムを導入すると従業員が慣れるまでに時間がかかりますが、楽楽明細とe2-movEなら連携しているため、よりスムーズな導入が見込めます。また、当社のスタッフが導入前のサポートや運用中のご相談など伺いますので、「アナログな環境からデジタル化を進めたい」という方もお気軽にご相談ください。

関連リンク

e2-movEの詳細が分かる資料を公開しています

e2-movEとは、全国の建設・工事・建材販売業界400社以上の導入実績がある、工事管理・販売管理を支える画期的なシステムです。

「e2-movEについてもっと知りたい!」「とりあえず、e2-movEの概要を確認したい」
そんな方は、こちらより資料のダウンロードください。

e2-movEのオンラインデモ受付中

e2-movEの詳細な説明をご希望される方にはオンラインデモを実施しております。
オンラインデモをご希望の方は、こちらからお申込みください。

最新の投稿もチェック!

出面管理とは?勤怠管理と連携して建設業の働き方改革に備えよう

2023-09-15 11:06

工事現場において重要な、出面管理。重要な作業にも関わらずアナログな管理がなされており、非効率な状態になっているケースも見られます。そこで今回は、出面管理の基本と、建設業の働き方改革に備え出面管理と勤怠管理を連携させる重要 […]

e2-movEはデジタル枠も対応!IT導入補助金2023の内容と昨年度からの変更点を解説

2023-04-19 13:37

今や業界の認知度も高まってきたIT導入補助金は、今回で7回目の実施となりました。改めてこの補助金はいったいどのような内容なのか、IT導入補助金2022からの変更点も含めて解説します。 昨年度の内容を踏襲しつつ、少額からで […]

改正電子帳簿保存法はどう対応する?2年の猶予期間中に必要な対策とは

2023-02-13 11:05

2022年1月に電子帳簿保存法が改正され、これにより企業はいくつかの対応を迫られました。特にこれまで電子化やDXを進めていなかった企業では、新しいシステムの導入や運用の変更などを余儀なくされています。 そこで今回は、改正 […]

建設業の新3Kとは?従来の3Kとの違いや新3Kを実現するために必要な取組を徹底解説!

2023-02-03 10:24

かつて建設業は、「3K」業界だと呼ばれていました。この3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」という言葉がセットになったとても不名誉なワードでした。実は今、建設業界はこの旧式の3Kから新しい3Kに変貌しようとしています。そこ […]

ウッドショックの影響が止まらない……原価管理の徹底でコスト高を乗り切る!

2022-09-28 11:22

新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界中で大規模な不況を生み出しました。しかしコロナ禍に突入して時間が経ち、いまだ先行き不透明な業界もあれば、回復した業界もあります。中でも今回は新築戸建て住宅売買業に注目し、ウッドショッ […]