Original

お役立ち情報 『消費税増税と経過措置並びに軽減税率の対応について!』を追加しました。

2019年10月1日に、消費税率が10%に引き上げられる予定です。

2014年4月に17年ぶりに消費税が8%に増税して以来、5年ぶりの出来事です。


今回の消費税率の引き上げに伴う変化とポイントについて下記2点についてお伝えします。

・経過措置

・軽減税率


目次[非表示]

  1. 1.経過措置とは
    1. 1.1.建設業の経過措置例
  2. 2.軽減税率とは


経過措置とは

法律や税率などが変更になった際に、新しい制度に移行中もしくは移行完了後に発生する不都合や不利益を減らすために取られる一時的な措置のことを指します。


建設業の経過措置例

建設業のような引き渡しまでに期間を要するものにも経過措置があります。


請負工事等に係る経過措置

平成25年10月01日 から 平成31年(2019年) 3月31日 までの間に

締結した工事(製造も含みます。)に関わる

請負契約(一定の要件に該当する測量、設計及びソフトウェアの開発等に係わる請負契約を含みます。)

に基づき、平成31年(2019年)10月1日以後に課税資産の譲渡等を行う場合における、当該資産の譲渡等。

という条文が発表されております。

要は2019年11月に引渡しが完了する請負工事を受注した場合、基本的には新税率である10%が適用されるのですが、国税庁が定める期限以前に受注した物件(今回でいうと2019年3月31日までに受注した物価)は旧税率である8%が適用される経過措置が取られます。

こちらを図示すると下記の通りになります!




この経過措置において、税率を訂正するのは大変煩わしいため、経過措置に対応するe2movEのご利用を推奨しております。


軽減税率とは

軽減税率とは、低所得者に対して税務の負担を軽減するための措置です。

具体的な対象品は、嗜好品のお酒や外食を除く「飲食料品」と、週に2回以上購読する「新聞」が軽減税率の対象となります。


また今回の軽減税率を特に複雑にしているものとして


外食・・・新税率の10%

テイクアウト・・・旧税率の8%


で計算されます。

これなら飲食店を含まない企業はこの軽減税率に無関係に思われるかもしれませんが、どの企業でも利用されるあの科目にも今回の軽減税率が響いているのです。


国税庁が発表したイメージ図になります。

【軽減税率の対象となる飲料食品の範囲(イメージ)】

軽減税率イメージ

※一体資産とは、例えば、おもちゃ付きのお菓子など、食品と食品以外の資産があらかじめ一体となっている資産で、その一体となっている資産に係る価格のみが提示されているものです。一体資産のうち、税抜価額が1万円以下であって、食品の価額の占める割合が3分の2以上の場合に限り、全体が軽減税率の対象となります。

​​​​​​​【国税庁のHPより引用:https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/01_4.htm】


贈答品で送る飲食物や、会議の時のお茶代やお菓子などは全て旧税率の8%で計上しなければならないため多くの企業がこの軽減税率に適応したシステムをしようしなければならないことが分かります 。

また、建設資材の卸売りをされている企業様は、飲料水などを取扱商品とされているケースが多く聞かれますのでその点もご注意いただければと思います。


e2-movEではこのような取り扱いにも対応予定ですので、安心して使えるシステムとなっています。


建設・工事業向けERPパッケージ

e2movEの詳細を是非こちらからご確認ください。

↓↓↓

建設・工事業向けERPパッケージ e2movE

最新の投稿もチェック!

お役立ち情報 『エクセルでの管理はもう限界!工事原価管理システム導入の必要性について!』を追加しました。

2018-12-04

建設業や工事業においてエクセル(Excel)を活用している方は必見! 仕事の件数が増えていく中でエクセルでの管理の限界を感じたら工事原価管理システムのご検討を! 今回はエクセルのメリット、デメリットからシステム導入の必要性についてご紹介いたします。

お役立ち情報 『消費税増税と経過措置並びに軽減税率の対応について!』を追加しました。

2018-11-26

2019年10月1日に消費税率が10%に引き上げられますが、今回の消費税率引き上げに伴う変化とポイントについて詳しくご紹介していきます。建設業の皆様にも関係ある点もございますので、ぜひ参考にしてみてください。

お役立ち情報 『税制優遇措置とIT補助金制度を活用して、ソフトウェアをお得に導入!』を追加しました

2018-05-20

中小企業がソフトウェアを導入する場合、税制優遇措置とIT補助金制度を活用すればお得になるということをご存知でしょうか。もちろん、すべてのソフトウェアに適用されるわけではありませんが、補助金・税制を担当する各省庁から認定を受けたソフトウェアであれば、金銭面のサポートを受けることができます。 この金銭面のサポートを受けるかどうかで、企業にかかる負担も大きく変化しますので、うまく活用していく必要があるでしょう。 今回は、そんな「税制優遇措置」や「IT補助金制度」について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

お役立ち情報  『作業を滞らせる承認待ちは、ワークフローで短縮可能!』を追加しました

2018-05-19

会社の規模が大きくなればなるほど、捺印業務にかかる負担も増えてしまうものです。とくに、多くの部下をかける管理職の方にとって、この捺印業務は負担の大きい作業と言えるのではないでしょうか。また、その承認待ちで足止めを食らってしまい、なかなか前に進めないという社員の方もいるかと思います。 今回は、そんな「承認待ち」を解決するための方法についてご紹介していきます。

お役立ち情報 『工事1式に含まれるお金の流れ…案件毎にしっかり管理出来ていますか?』を追加しました

2018-05-18

「工事1式」は、29存在する工事業種のなかで、建築と土木という2業種しかない「一式」工事のことです。たとえば、総合的な企画、指導、調整のもとで建築物を建設する工事などが、この「工事1式」にあたります。そのため、当然「工事1式」には案件ごとに様々なお金の流れがあるわけですが、これらの管理をしっかりと行うことは極めて重要なポイントと言えます。今回は、工事1式に含まれるお金の流れ、そしてお金の流れを管理する方法などをみていきましょう。