Original

お役立ち情報 『税制優遇措置とIT補助金制度を活用して、ソフトウェアをお得に導入!』を追加しました

中小企業がソフトウェアを導入する場合、税制優遇措置とIT補助金制度を活用すればお得になるということをご存じでしょうか。

もちろん、すべてのソフトウェアに適用されるわけではありませんが、補助金・税制を担当する各省庁から認定を受けたソフトウェアであれば、金銭面のサポートを受けることができます。

この金銭面のサポートを受けるかどうかで、企業にかかる負担も大きく変化しますので、うまく活用していく必要があるでしょう。

今回は、そんな「税制優遇措置」や「IT補助金制度」について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


目次[非表示]

  1. 1.■お得制度①IT導入補助金(経済産業省)
  2. 2.■お得制度②中小企業経営強化税制(中小企業庁)
  3. 3.■申請に必要な書類は、税理士さんと相談して準備しましょう!

■お得制度①IT導入補助金(経済産業省)


お得制度として活用したいものの一つに、IT導入補助金というものがあります。IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者等の方が、自社の課題・ニーズに合ったツール(ソフトウエアやサービスなど)を導入する経費の一部を補助することによって、業務効率化・売上アップをサポートしていくという制度です。

このIT導入補助金の目的として、経済産業省は以下のように述べています。


「自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。」

(参照:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会「IT導入補助金」https://www.it-hojo.jp/overview/ )


IT導入補助金の申請・手続きは、以下のような流れで進んでいきます。


  1. 本事業の理解
  2. ITツールの選択等 事前準備
  3. 交付申請
  4. 補助事業の実施
  5. 事業成績の報告
  6. 補助金交付手続き
  7. 事業実施効果報告


IT導入補助金を申請する際に注意しなくてはならないのは、交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行ってしまうと補助金の交付を受けることができないという点です。

必ず、交付決定の連絡が届いてから、ソフトウェアの発注・契約・支払い等を済ませるようにしてください。


そして最も気になるのは、IT導入補助金を活用する事で得られる金額だと思います。2017年は、IT導入補助金の総予算が100億円で、1件あたりの補助額は20万~100万円でした。

しかし2018年は、総予算が500億円に増えているものの、1件あたりの補助額は15万~50万円と少し減っていることが分かります。

これらを踏まえると、今年はより多くの事業者に「気軽に」補助金を使ってもらいたいという狙いがあることが伺えます。


■お得制度②中小企業経営強化税制(中小企業庁)


平成29年4月1日より、「中小企業経営強化税制」というものが創設されました。これにより、個人事業主・法人で青色申告書を提出している中小企業者等がソフトウェアを購入した場合は、税制の特別措置が受けられるようになったのです。

先ほどの「IT導入補助金」は、申請しても交付金を受けられない可能性がありますがこの「中小企業経営強化税制」に関しては、申請をすることで確実に適用されます。


では、中小企業経営強化税制の内容について見てきましょう。例えば、資本金3,000万円以下の企業が、取得価額70万円以上でソフトウェアを導入したとします。

この場合、「中小企業経営強化税制」を活用する事で、即時償却または税額控除10%を選択することが可能です。

この「即時償却」と「税額控除10%」は同時に使うことができませんので、いずれかを選ぶようにしましょう。


ちなみに、経営力向上計画を実施していく上で必要な「経営力向上設備等」に関しては、2017年3月までは機械装置に限定されていました。

しかし、サービス業を中心とする中小企業も、生産性向上を図る必要があるため、2017年3月より、対象設備の種類を「器具備品、工具、建物附属設備など」に拡充されています。


■申請に必要な書類は、税理士さんと相談して準備しましょう!


ここまで、IT導入補助金と中小企業経営強化税制について見てきましたが、どちらの制度を活用するにも、必ず申請書類を用意しなければなりません。

そして当然、その申請書類を正確に記入しなければ、交付金は得られないのです。

一刻も早くソフトウェアを導入したい場合でも、この申請を適切に行わなければ、交付までに時間がかかってしまうので、少しでも不安が残る方は、税理士さんと相談して準備を進めることをおすすめします。

また、中小企業経営強化税制の場合、70万円以上のソフトウェアを購入すると「即時償却」と「税額控除10%」のいずれかを選択しなくてはなりません。

ご自身の会社の現状や今後を鑑みた上で、どちらを選択するべきなのかを判断する必要があるわけですが、こういった点に不安を感じる場合は、一人で判断を下す必要はありません。

税理士さんに相談すれば、より良いアドバイスをもらえますので、ぜひ税理士さんと相談しながら「IT導入補助金」や「中小企業経営強化税制」を活用してみてください。

さまざまな申請が必要になるなど、少し面倒臭さを感じてしまったかもしれませんが、こういった制度を活用するかどうかで経営の風向きも大きく変化します。

お得な制度を活用して、できる限り無駄な出費を減らしていきましょう。


建設・工事業向けERPパッケージ

e2movEの詳細を是非こちらからご確認ください。

↓↓↓

建設・工事業向けERPパッケージ e2-movE


最新の投稿もチェック!

お役立ち情報 『エクセルでの管理はもう限界!工事原価管理システム導入の必要性について!』を追加しました。

2018-12-04

建設業や工事業においてエクセル(Excel)を活用している方は必見! 仕事の件数が増えていく中でエクセルでの管理の限界を感じたら工事原価管理システムのご検討を! 今回はエクセルのメリット、デメリットからシステム導入の必要性についてご紹介いたします。

お役立ち情報 『消費税増税と経過措置並びに軽減税率の対応について!』を追加しました。

2018-11-26

2019年10月1日に消費税率が10%に引き上げられますが、今回の消費税率引き上げに伴う変化とポイントについて詳しくご紹介していきます。建設業の皆様にも関係ある点もございますので、ぜひ参考にしてみてください。

お役立ち情報 『税制優遇措置とIT補助金制度を活用して、ソフトウェアをお得に導入!』を追加しました

2018-05-20

中小企業がソフトウェアを導入する場合、税制優遇措置とIT補助金制度を活用すればお得になるということをご存知でしょうか。もちろん、すべてのソフトウェアに適用されるわけではありませんが、補助金・税制を担当する各省庁から認定を受けたソフトウェアであれば、金銭面のサポートを受けることができます。 この金銭面のサポートを受けるかどうかで、企業にかかる負担も大きく変化しますので、うまく活用していく必要があるでしょう。 今回は、そんな「税制優遇措置」や「IT補助金制度」について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

お役立ち情報  『作業を滞らせる承認待ちは、ワークフローで短縮可能!』を追加しました

2018-05-19

会社の規模が大きくなればなるほど、捺印業務にかかる負担も増えてしまうものです。とくに、多くの部下をかける管理職の方にとって、この捺印業務は負担の大きい作業と言えるのではないでしょうか。また、その承認待ちで足止めを食らってしまい、なかなか前に進めないという社員の方もいるかと思います。 今回は、そんな「承認待ち」を解決するための方法についてご紹介していきます。

お役立ち情報 『工事1式に含まれるお金の流れ…案件毎にしっかり管理出来ていますか?』を追加しました

2018-05-18

「工事1式」は、29存在する工事業種のなかで、建築と土木という2業種しかない「一式」工事のことです。たとえば、総合的な企画、指導、調整のもとで建築物を建設する工事などが、この「工事1式」にあたります。そのため、当然「工事1式」には案件ごとに様々なお金の流れがあるわけですが、これらの管理をしっかりと行うことは極めて重要なポイントと言えます。今回は、工事1式に含まれるお金の流れ、そしてお金の流れを管理する方法などをみていきましょう。