『経営とITの橋渡し役、ITコーディネーターは建設業界でも大活躍』

ITコーディネーターとは



ITコーディネーターとは、ITのスペシャリストとして経営者にIT活用法を助言し、IT経営の実現を助ける人材のことです。これは2001年の通商産業省の国家プロジェクトのひとつとして設けられた資格制度で、製造業や小売業を始め、サービス業、学校や自治体でも広く活躍しています。
ITコーディネーターは独立したコンサルタントとして、または企業の中で、お客様や自社の課題をIT知識で解決しています。企業の経営とITの力、この二つの橋渡し役として、効率的で効果的な企業経営を助けます。


建設業界の困りごととITの力



建設業界は他の業界に比べ、「どんぶり勘定」になってしまいがちな傾向があります。また、複数の現場が同時進行で動き、工事が終わるまでに変動する原価や大量の人間の人件費など、扱う数字も複雑で、混乱が発生しやすい状況ともいえるでしょう。
こういった状況でどんぶり勘定を続けていると、工事が完了したときに実は赤字になってしまったという事態も引き起こしかねません。しかし複雑に変動する数字の管理を人がやりきるのには限界があります。そこでより効率的で適切な企業経営のため、建設業界ではITを取り込むことが求められているのです。
しかしただなんとなく「ITを活用しよう」と決めたところで、実際にどんなことを改善すればいいか明確にはわからない企業も多いでしょう。漫然とITを取り入れるのではなく、建設業界には建設業界にあったIT活用術を選別していかねばなりません。つまり、原価管理や工程管理など、用途に応じて適切なシステムを選んで導入することが必要なのです。こうした適切なITの取り組みを実行するには、ITコーディネーターの助言が役立ちます。


e2-movE企画から開発までITコーディネーターがかかわっている



今回ご紹介したいのが、建設業界の課題解決に特化したシステム「e2-movE」です。これはITコーディネーターが開発したシステムで、進行基準売上から建設会計、工事原価管理、支払い管理などを行うシステム。つまり販売や工事管理など建設会社に必要なあらゆる管理を、ITを通じて円滑化するツールなのです。
今回はこのe2-movEの開発者の方にお話を伺いました。


―e2-movEとはどんな製品ですか?

e2-movEは「販売」「工事管理」「建設会計」「支払管理」に特化した4つのラインナップがあり、それぞれ特徴が異なります。例えば「工事管理」では工事台帳を基に実行予算を管理し、発注から支払い管理までワンストップでご提供しています。


―e2-movEの開発にはITコーディネーターの方が携わったのですか?

はい、開発担当者である私もITコーディネーターですし、責任者もITコーディネーターの資格を保有しています。

ITの知見は、建設業界の現場を改善するのに役立ったと思います。というのも、どんぶり勘定を続けていると、原価管理があいまいになり赤字の現場も出てきてしまいますよね。そういったことを避け適切に進捗管理するためにはITを駆使するのが一番。ITスキルが高い人間が作ったことで、建設会社経営におけるニーズを満たすe2-movEという製品が完成できたのだと思います。


―e2-movEはいつ頃開発したのですか?

初めに完成したのは、2007年です。そこからバージョンアップを重ね、現在はVersion.6となっています。新しいバージョンにするときはその時々のITにおける時流を考慮しており、最近ではクラウドサービスとしてご提供できるようになったのが大きな変化です。


―e2-movEの強みは何ですか?

e2-movEはパッケージでありながら、オーダーメイドのような機能がついています。かゆいところに手が届くというか、お客様が「こういうものが欲しかった」と感じる機能が実装されているところは売りのひとつです。業界のパッケージとして、まさにジャストフィットするようにしています。


―e2-movEの開発で苦労したことは何ですか?

ITコーディネーターはITのプロなので、ITを使ってどんなことができるかはわかります。ただ、現場で実際にどんな業務が行われているのか、お客様がどんな思いで毎日のお仕事をされているかはわかりません。そのため、現場で本当に役立つ要件をいかに入れていくかの精査に苦労しました。


―e2-movEは今後どう進化していきますか?

現在すでに実装されつつありますが、ワークフローに関して強化していく予定です。注文書や実行予算をもとにワークフローで決済されることが、お客様の現場で役立つと確信しています。経営にスピード感は重要ですので、そこも意識して開発しているところです。



e2-movEは徹底的な現場目線が特徴で、その継続率はなんと98%。建設・建材業界で400社の導入実績があり、それだけのお客様の課題を、ITを駆使して解決してきました。現在、アナログな方法での管理に苦労している方、大きな問題はないけれど管理に時間や手間をとられている方は、一度e2-movEの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。


最新の投稿もチェック!

残業の上限規制開始。2024年から建設業の働き方はどう変わる?

2021-08-12 15:11

2024年から建設業で労働時間の上限が設定され、働き方が大きく変わります。実際にどのような変化が起こるのか、そしてそれに対応するにはどうすればいいのかについてご紹介します。 建設業界に与えられた猶予期間 国土交通省の調査 […]

『建設業会計とは?一般会計との違いや科目について解説!』

2021-07-29 11:52

建設業の企業では、一般企業とは違う「建設業会計」というやり方が採用されています。今回は、「なぜ特殊な会計になるのか」「具体的にどう違うのか」など、建設業会計についてご紹介していきます。 建設業界ではなぜ特殊な会計を行う必 […]

「楽楽精算」に対応!e2movEの他社連携ソリューションで業務を効率化

2021-06-30 23:15

e2movEは複数の他社パッケージとシームレスに連携します。すでに導入しているシステムの他、新しくe2movEと組み合わせて取り入れることで、導入コストを下げて作業効率をアップさせることが可能です。今回は、経費精算の「楽 […]

IT導入補助金2021を活用してお得に導入!

2021-06-04 16:56

生産性向上に繋がるITツールの導入は 三谷商事にお任せください。 最大450万円の導入補助金を受け取ることができます。 詳しくは以下のPDFをご覧ください。

システム導入の失敗事例!?成功させるためのチェックリストを確認しよう!

2021-02-18 19:57

社内システムを導入すると、現場の業務が軽減し、経営層も様々な数字が可視化されることでより健全な経営を実現できます。しかし導入の仕方を間違えてしまうと、現場が混乱するだけでなく、よけいなコストだけがかかってしまうことも。 […]