『統合基幹業務システムを改善する!ERPクラウド化のメリットとは』

目次

  1. 1.ERPのクラウド化が進んでいる
  2. 2.ERPクラウド化のメリット・デメリット
  3. 3.EPRのクラウド化ならe2-movEクラウドがおすすめ

ERPのクラウド化が進んでいる



そもそもERPとはEnterprise Resource Planningの略称で、統合基幹業務システムのこと。受発注中にかかわる見積もりから請求金額、給与、在庫管理など、様々な数字を一元管理します。このEPRをクラウド化する動きが近年強まっているのです。


ERPクラウド化のメリット・デメリット



ERPをクラウド化するメリットとして、サーバーが不要になる点が挙げられます。自社のサーバーを適切に保持していくには、十分なスキルを持った専任者が担当となることが好ましいでしょう。しかし実際には社内に適切な人物がおらず、サーバーがあってもそのメンテナンスが追い付かないという企業は少なくありません。
しかしクラウド化することによって、そもそもサーバーを社外に置くことができ、こうした悩みは一気に解決します。
コスト面でのメリットもあります。初期費用がかからない、もしくは安価なので、導入の壁が小さくなります。また月額料金はあらかじめわかっていますし、固定費として決まった金額しかかからないのも、経営上のメリットといえるでしょう。
デメリットとして、安全性が懸念されます。ERPをクラウド化をするということは、つまり経営に関する極めて重要なデータを社外に置くということです。もちろんセキュリティ対策がされてはいますが、ベンダーに対するサイバー攻撃により企業情報が流出したというニュースは、一度は耳にしたことがあるでしょう。


EPRのクラウド化ならe2-movEクラウドがおすすめ



EPRをクラウド化したい時、色々な選択肢がありますが、中でもおすすめなのがe2-movEクラウドです。月額5000円から利用でき、サービスの信頼度を表すSLAが99.6%とシステムダウンのリスクも最小化しています。
セキュリティへの意識も高く、XML通信、SSL暗号化通信、SQL暗号化などを実施。いつでもどこでも、最新のデータを万全に守られた状態でご利用いただけます。オラクルクラウドを使っているので、その点でもセキュリティに対してご安心いただけるでしょう。
クラウド化を躊躇する理由として操作性も上げられますが、e2-movEクラウドはWindowsデスクトップアプリに近く、直感的に操作ができる点も魅力です。導入してから運用開始まではもちろん、お客様の企業で運用が落ち着くまでしっかりサポートします。また、スピード感もありますし、もちろん保守の心配もありません。
業務の効率化やより盤石な経営体制構築に向け、ERPのクラウド化は今後ますます対応が迫られて行きます。IT化が遅れがちな建設業界ですが、企業としてひとつ上のステージにステップアップするため、ぜひ導入をご検討ください。


最新の投稿もチェック!

残業の上限規制開始。2024年から建設業の働き方はどう変わる?

2021-08-12 15:11

2024年から建設業で労働時間の上限が設定され、働き方が大きく変わります。実際にどのような変化が起こるのか、そしてそれに対応するにはどうすればいいのかについてご紹介します。 建設業界に与えられた猶予期間 国土交通省の調査 […]

『建設業会計とは?一般会計との違いや科目について解説!』

2021-07-29 11:52

建設業の企業では、一般企業とは違う「建設業会計」というやり方が採用されています。今回は、「なぜ特殊な会計になるのか」「具体的にどう違うのか」など、建設業会計についてご紹介していきます。 建設業界ではなぜ特殊な会計を行う必 […]

「楽楽精算」に対応!e2movEの他社連携ソリューションで業務を効率化

2021-06-30 23:15

e2movEは複数の他社パッケージとシームレスに連携します。すでに導入しているシステムの他、新しくe2movEと組み合わせて取り入れることで、導入コストを下げて作業効率をアップさせることが可能です。今回は、経費精算の「楽 […]

IT導入補助金2021を活用してお得に導入!

2021-06-04 16:56

生産性向上に繋がるITツールの導入は 三谷商事にお任せください。 最大450万円の導入補助金を受け取ることができます。 詳しくは以下のPDFをご覧ください。

システム導入の失敗事例!?成功させるためのチェックリストを確認しよう!

2021-02-18 19:57

社内システムを導入すると、現場の業務が軽減し、経営層も様々な数字が可視化されることでより健全な経営を実現できます。しかし導入の仕方を間違えてしまうと、現場が混乱するだけでなく、よけいなコストだけがかかってしまうことも。 […]