Original

お役立ち情報 『システム導入で失敗しないためには、入念な準備が不可欠!』を追加しました

「せっかく大金をはたいてシステム導入したのに、思うような成果が得られない」

そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。せっかくシステム導入を行っても、社員がしっかりとシステムを使いこなすことができなければ意味がありません。だからこそ、システム導入で失敗しないように「入念な準備」をする必要があるのです。

今回は、導入したシステムが失敗に終わってしまう原因や、力を注ぐべき準備のポイント、システム導入後のケアなどを詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


目次[非表示]

  1. 1.■導入したシステムが失敗に終わる原因
    1. 1.1.機能開発ばかりに目が行きすぎてしまう
    2. 1.2.システムがブラックボックス化してしまっている
    3. 1.3.投資に対する「リターン」の期待値が曖昧になっている
    4. 1.4.サービスの稼働率に対する指標が曖昧になっている
  2. 2.■準備に力を入れたシステムは非常に便利なものになる
  3. 3.■システム導入後のケアも大切です

■導入したシステムが失敗に終わる原因

導入したシステムが失敗に終わってしまう原因は、決して1つではありません。しかし、うまくいかないシステム導入には、いくつかの共通点があります。それは、以下の4点です。


機能開発ばかりにが行きすぎてしまう

本来は、価値提供や問題解決といった「全体シナリオ」の部分にシステムを落とし込まなければなりません。

しかし、「どのようなシステムを作ろうか」という機能開発の部分に目がいってしまい、本来の「目的」を見失ってしまうことがあるのです。システムの機能を向上させることは、あくまでも「手段」に過ぎないということを忘れてはいけません。


システムがブラックボックス化してしまっている

1つ目とは真逆のケースです。プランの中で、システムだけがブラックボックス化して孤立すると、メカニズムも失敗に終わってしまいます。

シナリオと整合性の取れたシステムを作るためにも、システムのブラックボックス化は避けなければなりません。


投資に対する「リターン」の期待値が曖昧になっている

システム導入による「リターン」の期待値をはっきりさせなければ、どうしても縮小均衡になってしまいます。

そのため、効果を出せないまま終わってしまうというケースもあるのです。投資額を妥協しないためにも、リターンの期待値は曖昧にしないほうが良いでしょう。


サービスの稼働率に対する指標が曖昧になっている

もし、サービスの稼働率が99.5%なのであれば、1ヶ月の停止時間は約3時間となります。

こういった概念をもとに影響度を考えなくてはなりませんが、高価なインフラ費用を強いられているケースも少なくありません。


■準備に力を入れたシステムは非常に便利なものになる


システム導入で失敗しないためには、やはり「準備」に力を注がなくてはなりません。システム開発が成功するか失敗するかは、準備段階で8割方、決まっていると言っても過言ではないのです。

システム導入に限った話ではなく、どのような物事に関しても、成功するためには「準備」が重要になります。

例えば、家を建てる場合、実際に工事が始まるまでの間に、何度も話し合いを重ねて、入念に計画を立てていくのが一般的ですよね。

それは、「入念に計画を立てなければ失敗してしまうから」に他なりません。その入念な計画(準備)があってこそ、初めて計画通りの家ができあがるのです。


だからこそ、システム導入を検討する際にも、まずは「どのような形が適しているのか」「どのようなシステムであれば使いやすいか」「極力楽をするためには、どのようなシステムを作るべきなのか」といった点を洗い出していく必要があるでしょう。

当然、これらの点は一人だけですべて洗い出せるわけではありません。そのため、色々な社員から意見を聞く場を設けることも重要になるでしょう。


三谷商事の場合、入念なヒアリングを行った上で、デモデータで流れを体験することができます。

デモデータで流れを体験し、少しでも違和感があれば再度ヒアリングを行っていくというプロセスを大切にしているので、システム導入の失敗というリスクは極めて低くなっています。


■システム導入後のケアも大切です


システムが完成しても、まだ安心してはいけません。システム導入後のケアをどのように行うかで、システムへの評価も大きく変わってくるからです。

現場に落とし込み、現場の人間が使いこなせるようになってこそ、システム導入が成功したと言えるのです。

だからこそ、システム導入後はしっかりとケアを行い、一人ひとりが安心して使用できるような環境を整えていく必要があります。

例えば、システム評価項目を作り、アンケート形式で回答してもらうのも一つの手でしょう。

どういった点に満足しているか、どういった点に問題が生じているかといった点が浮き彫りになるので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。


システム導入は、「効率化を図り、より大きなリターンを得ること」が何よりの目的です。

その「目的」を見失ってしまうと、何の成果にも繋がらないシステムになってしまうので、準備には最大限の力を注いでいくことをおすすめします。


↓導入実績はこちらから↓

建設・建材業界で400社以上の導入実績


最新の投稿もチェック!

お役立ち情報『統合基幹業務システムを改善する!ERPクラウド化のメリットとは』を追加しました

2019-07-12

近年、企業ではクラウド型のERPに注目が集まっています。クラウド型ならではの特徴とは何か、クラウド化することでどんなメリット・デメリットがあるのか、ご紹介していきます。

お役立ち情報 『建設業界だけじゃない!?他業種でも役立つe2-movEの実行予算管理』を追加しました

2019-06-14

e2-movEは現在、400社以上のお客様にご利用いただいております。そのほとんどは建設・工事・建材販売会社様ですが、実はそれ以外のお客様もいらしゃるんです。今回は他業界においてe2-movEがどんな風に役立っているのか、その事例をご紹介します。

お役立ち情報 『Windows7のサポートが終了。建設業界に与える影響と対応策とは?』を追加しました

2019-05-27

Windows OS誕生以来、これまで何度もバージョンアップが行われてきました。そして新しいバージョンが更新されると同時に、古いバージョンのサポートは次々と終了しています。 来る2020年1月14日、Windows7のサポートも終了します。しかし企業によってはなかなかバージョンを都度更新することが難しく、サポート終了後もWindows7を使い続ける場合もあるでしょう。 今回は、Windows OSを更新しないでいると企業にどんなデメリットがあるのか、そしてその対処法をご紹介していきます。

お役立ち情報 『現場管理にまつわる3つの課題とは?その解決策とあわせてご紹介』を追加しました

2019-05-10

建設会社では、常に複数の工事を同時に進めていきます。案件が重なったり、複雑な工事が入ったとき、状況をすっきりと整理するためには適切な現場別管理が必要です。しかし現場管理には、ある3つの課題が発生します。