SmartOn

セキュリティ対策において、基盤となるのは「本人認証」。
たとえログ管理や暗号化などの情報セキュリティ対策が施されていても、IDとパスワードの貸し借りや漏えいなどによって、 簡単にユーザーの成りすましができてしまう環境では、情報へのアクセスが不正に行われる危険があります。
SmartOnは、ICカードやUSBキーなどの認証デバイスを使って、PC利用時の本人(ユーザー)認証を強化し、データへのアクセス制御とログ管理をトータルに実現するPCセキュリティシステムです。

今手元にあるICカードでPCセキュリティを強化、 ログオン認証からUSBメモリの利用制限まで

  1. 人=ICカードによる確実なログイン認証
    ICカードが発行されたユーザーだけにPCの利用を許可し、なりすまし(他人のID・パスワードを悪用すること)を防ぎます。ログオン時はICカードをかざし、離席時はカードリーダからICカードを抜き取ることでPCをロックします。共有PC上でも人(=ICカード)を認識し、本人確認を行えます。
  2. デスクトップ仮想化環境に対応
    デスクトップ仮想化環境下においても強固なに二要素認証を実現します。また、通常PC・シンクライアントPCの一元管理が可能なため、継続的にデスクトップ仮想化環境への移行が可能です。
  3. シングルサインオン(パスワード自動入力機能)
    各種アプリケーションやWebサイト、Lotus Notes、VPNクライアントなど複数のパスワードを1枚のICカードで管理し、自動送出します。 「利用者は複雑なパスワードを覚える必要がない、管理者は利用者にパスワードを教える必要もない」といった運用も可能です。
  4. 指定USBメモリの利用制限も可能
    USBメモリを全社的に利用不可にするだけでなく、「会社で許可されたUSBはOK、私物USBはNG」という運用が可能です。

動作環境(SmartOnサーバ)