作業報告支援システム:XC-Gate

メインイメージ

 □ XC-Gateの概要

今までシステム部門や開発業者に依頼するしかなかったシステム入力画面の「項目追加」や「文字修正」といった作業が、“誰でも”カンタンに“Excelで”編集可能となります。
また、今まで紙で使用していたExcelデータをタブレット端末用データに変換し、現場で直接入力・登録が可能です。入力・登録したデータを蓄積してデータベース化し、Excelファイルを自動作成できるため、データの集計等に活用いただけます。
また、蓄積したデータをCSV等に書き出せるため、既存のシステムなどとの連携も可能です。

 【オフラインでも使用できます!!】

予めオンラインにて、帳票を保存しておけば、オフラインでも端末操作することができます。

ご利用のメリット/特徴

  1. 短時間・低コストで画面が作成できます
    Excelで画面を作成できるため、開発業者やIT選任者に依頼する時間・コストを削減できます。
  2. フォーマットの変更が簡単です
    編集ツールがExcelのため、スピーディーにフォーマットを変更可能です。
  3. 現場での入力が可能になります
    現場で直接入力してデータを収集するため、入力ミスが大幅に削減でき、コスト削減にもつながります。
  4. 端末にデータが残らないため安全です
    入力データをタブレット端末自体に保存せず、サーバで管理するため安全です。
  5. ブラウザで動作するため各種タブレットを利用できます
    各種端末に標準のブラウザ上で操作するため、端末に依存せずお好きな機種を選択いただけます。
  6. 既存のExcelフォーマットを活用できます
    既存データがExcelであればXC-Gateで活用です。

ご利用イメージ

1.システム全体イメージ

 

①.Excelでフォーマットを作成し、XC-Gateを用いてブラウザから入力できる様に変換します。

②.タブレット端末を用いて必要な場所でリアルタイムに実績入力を行います(オフライン入力も可!!)。

③.入力されたデータはサーバにあるデータベースに蓄積されます。

2.Excelフォーマット変換イメージ

動作環境

種別 種別 前提プログラム
XC-Gateサーバ Windows Server2008
R2 (64bit) or
CentOS 5.5以降
  • XC-Gate V1.0
  • Java EE6以降
  • Apache HTTPサーバV2.2以降
  • Apache Tomcat V5.5以降
  • PostgreSQL V9.0以降

管理者/Excelシート作成者向け

クライアント(一般PC)

WindowsXP以降
  • Excel 2010以降
  • Safari 5.0以降

一般ユーザ向けクライアント

(タブレット端末)

iOS 4以降
Android2.2以降
OSバンドルの標準ブラウザ
  • iOS: Safari
  • Android: OSバンドルの標準ブラウザ