導入事例

iPad 無償配布と全学内の無線LAN 整備で、情報リテラシーを高める教育環境の実現へ

学校法人 滝川学園 名古屋文理大学様

「食と情報のプロを育てる」を教育理念に掲げる学校法人滝川学園 名古屋文理大学様。同学の情報メディア学科では、常に最新のメディア環境を整備し、実践的な情報教育に力を入れてきました。
その一環として実施されたのが2011 年度からのiPad 無償配布です。2年後には全学内を無線AP でカバーし、目まぐるしく進化する情報技術をいち早く習得できる教育基盤を整えました。

iPad のより幅広い教育利用を目指し、通信インフラの刷新に着手

 同学の情報メディア学科では、プログラマやWeb デザイナーなどクリエイティブ分野で活躍しながら、時代の変化に対応できる高度な情報技術者の育成に取り組んでいます。学内には最新PC400 台を揃えた実習室の他、プロ仕様の映像機器類や3D プリンタ、最新の大型出力機などを完備。情報システムの基礎を学びながら、学生一人ひとりが主体的に学びを深められる環境を整えてきました。2011 年度からは、国内の大学で初めて同学科の新入生(約100 名)にiPad を無償配布。充実したメディア環境の中、iPad を日常的に使い続けることで、より幅広い情報活用能力を学ぶことが可能となりました。

 実際、iPad を使ったe-Learning では、教材コンテンツを自由に編集・管理し、自習やプレゼン時に活用したり、iPad 片手に席を気軽に移動して意見交換するなど、授業の活性化に寄与。また、学生が作ったiPad アプリがApp Store で1週間ダウンロード1位(ユーティリティ部門)となるなど、アプリ開発への意欲向上にもつながっていました。こうしたiPad の教育的効果をさらに推し進めるため、iPad 無償配布が3年目となる13年の新学期までに、これまで一部のエリアに限っていた無線LAN 環境を全学内に整備することになりました。

ご担当者様写真

名古屋文理大学 図書情報センター長
情報メディア学部 情報メディア学科長
教授 博士(工学)
山住 富也 氏

担当者様のコメント

今回の無線LAN 構築は名古屋市にある短期大学も同時にやっていただきました。三谷さんは教育機関での実績も豊富でしたので、安心してお任せできましたね。毎日全学内を歩き回ってAP 設置場所を調査してくれ“つながらない場所”を徹底的になくしてくれました。新校舎への無線LAN 整備もすでに三谷さんと進行中です。

ユーザー認証ができるRADIUS サーバでセキュアでストレスのない通信環境が実現

今回のプロジェクトで、情報メディア学科長の山住富也教授から出された課題は2つ。第一は通信の安定化でした。全学内いつでもどこでも接続でき、100 人単位で一斉にiPad を使っても通信ができる環境を整えるため、まずは全学内のAP 設置場所を調査。電波がつながりにくい壁の周辺にはAP を多めに設置するなど、2カ月かけて約70 カ所のAP 設置を決定しました。

 第二がセキュリティの強化でした。当初はユーザー認証が導入されていない環境だったため、誰がいつアクセスしてきたのかを特定できない状況でした。
そこで弊社は、安全で確実なユーザー認証が行えるRADIUS サーバを使った無線LAN システムの構築を提案いたしました。RADIUS サーバは、アクセス情報を含む認証情報をAP に代わって集中管理できる認証サーバです。そのため、トラブル発生時にも誰がいつどこからアクセスしたのかをすぐに割り出すことができ、強固なセキュリティが実現しました。さらに、LDAP など従来のアカウント管理情報を利用できるので、アカウントを別に用意する必要がなく、管理効率も大幅に向上させることができました。情報セキュリティ分野での研究発表も多い山住教授には「三谷さんにはiPad の導入時からお世話になっていましたので、今回も安心してお任せできました。こちらの要求をすべてクリアしていただきとても助かりました」と評価していただきました。

▲ 図書館のオープンスペースにもiPad が設置され、学生が自由に使えるようになっている。この日も慣れた手つきでiPad を利用する学生の姿が見られた。

いつでもどこでもiPad が使える環境で最先端のIT スキルとセンスを学ぶ

全学年でiPad 配布が実現した2014 年現在、学内のあちこちでは、学生がiPad でe-Learning を活用する姿やSNS でやり取りする姿が多く見られます。twitterやLINE を取り入れた授業やゼミも増え、学生・教員間だけでなく、学外の研究者や卒業生などからもリアルタイムでコメントが寄せられるなど、開かれた議論が実現。場所や時間に縛られない情報共有が活発に行われています。

「今では教員の多くが学生とSNS で交流しています。少人数教育で教員と学生の距離が近いのが本学の特長ですが、さらにきめ細かい教育ができるようになったと感じています」 自身もtwitter で多くの学生と交流する山住教授にはそうおっしゃっていただきました。また、基幹インフラ10Gbps とスループット向上を図り、ストレスのない授業運営が可能となったため、13 年からはこれまでの4倍になる64GB Wi-Fi モデルのiPad を配布。アニメーション制作や大容量の動画像編集などにも十分活用することができるようになりました。

 2015 年には最新の情報実習室などを備えた新校舎が完成予定の同学。時代の変化に対応する確かな技術力を身につけながら、創造性を発揮できる最適の設備環境で、新しいIT 教育への発展がますます期待されています。

学校法人 滝川学園 名古屋文理大学様

  • 所在地
    愛知県稲沢市稲沢町前田365
  • TEL
    0587 − 23 − 2400(代)
  • FAX
    0587 − 21 − 2844
  • URL
    http://www.nagoya-bunri.ac.jp/
  • 創立年
    1999年
  • 設置学部
    健康生活学部、情報メディア学部、
    短期大学部
写真

営業担当マンよりひとこと

日本で初めてiPad を無償配布した大学様へ携われることに大変うれしく思っております。技術・営業共にこれからもIT 活用に関してお客様のお役にたてるよう努力して参ります。

写真
  • 情報ソリューション事業部
    中部支店
    宮本 秀宣

技術担当

写真
  • 情報ソリューション事業部
    中部支店
    野澤 俊晴

関連ソリューション

文教向けiPadソリューション