Original

お役立ち情報 『建設業界だけじゃない!?他業種でも役立つe2-movEの実行予算管理』を追加しました

e2-movEは現在、400社以上のお客様にご利用いただいております。そのほとんどは建設・工事・建材販売会社様ですが、実はそれ以外のお客様もいらしゃるんです。今回は他業界においてe2-movEがどんな風に役立っているのか、その事例をご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.コンサルティング会社での導入
  2. 2.既存のシステムを利用した効率化
  3. 3.建設業界以外のお客様もご検討ください


コンサルティング会社での導入

今回ご紹介するのは、とあるコンサルティング会社様(以下、A社)。メインの事業は、市区町村による土木関連の入札について、事前に調査をし格付けすることです。仕様を現場調査で確認し、その結果を行政に納めています。つまりA社自体は、ビルを建てたり道路を通したりといった業務を一切行っていません。

そんなA社で、一体どのようにe2-movEが使われているのか。結論から言えば、「原価を正確にとらえる」ためにご利用いただいています。ある一つのプロジェクトや物件に対して、どんな原価がどのくらい積みあがっているかを常に明確にしているのです。

建設会社で原価といえば材料費、労務費、外注費、経費の4つに分かれます。しかしA社の場合、外注費と労務費しかかからないので、そこをピンポイントで明らかにするため、e2-movEを導入いただきました。


既存のシステムを利用した効率化

A社では社員が現場に出ているため、様々な情報をデータとして残すのは難しいという状況がありました。現場に到着する度、色々な情報を毎回入力するのが煩雑だったのです。そこでe2-movEでは、すでにA社で使っているシステムからデータを取り込むことで対応しました。

出退勤システムと連動させ勤務時間情報を取り込んだり、経費申請システムの履歴を取り込みそれぞれの現場に紐づけたりしています。これにより現場の方の手間を増やさず、原価管理していけるようになりました。


建設業界以外のお客様もご検討ください

このようにe2-movEは、建設業界以外のお客様にご利用いただいております。他業界のお客様がe2-movE導入する主なきっかけは、システム変更です。様々な理由により現在使っているシステムからの変更を余儀なくされたとき、新しい選択肢としてe2-movEをご検討いただいています。

エクステリア販売・工事業者や補強土工法メーカーなど、その種類は様々。ある時は、イベント会社様から「同時進行させる複数のプロジェクトについて、それぞれの予算と原価を管理したい」とご相談いただいたこともあります。

また、複数の事業を行っている企業様にもおすすめです。異なる事業を進めていても、どこかでお客様情報や案件の情報を連結させる必要がある場合もあるでしょう。そんなとき、それぞれの事業で別々のシステムを作っているよりも、同じシステムを使っていた方が照合・連結が簡単に済みます。複数の業界をカバーするe2-movEは、こうしたフォローにうってつけです。

基本的に、それぞれの業種・業態にあったものを選ぶというのがシステム選びの基本。しかし必ずしも、業界おすすめのシステムが自社とぴったりあうとは限りません。「いまいちしっくりこないな」というときは、ぜひ一度e2-movEをご検討ください。


最新の投稿もチェック!

お役立ち情報『統合基幹業務システムを改善する!ERPクラウド化のメリットとは』を追加しました

2019-07-12

近年、企業ではクラウド型のERPに注目が集まっています。クラウド型ならではの特徴とは何か、クラウド化することでどんなメリット・デメリットがあるのか、ご紹介していきます。

お役立ち情報 『建設業界だけじゃない!?他業種でも役立つe2-movEの実行予算管理』を追加しました

2019-06-14

e2-movEは現在、400社以上のお客様にご利用いただいております。そのほとんどは建設・工事・建材販売会社様ですが、実はそれ以外のお客様もいらしゃるんです。今回は他業界においてe2-movEがどんな風に役立っているのか、その事例をご紹介します。

お役立ち情報 『Windows7のサポートが終了。建設業界に与える影響と対応策とは?』を追加しました

2019-05-27

Windows OS誕生以来、これまで何度もバージョンアップが行われてきました。そして新しいバージョンが更新されると同時に、古いバージョンのサポートは次々と終了しています。 来る2020年1月14日、Windows7のサポートも終了します。しかし企業によってはなかなかバージョンを都度更新することが難しく、サポート終了後もWindows7を使い続ける場合もあるでしょう。 今回は、Windows OSを更新しないでいると企業にどんなデメリットがあるのか、そしてその対処法をご紹介していきます。

お役立ち情報 『現場管理にまつわる3つの課題とは?その解決策とあわせてご紹介』を追加しました

2019-05-10

建設会社では、常に複数の工事を同時に進めていきます。案件が重なったり、複雑な工事が入ったとき、状況をすっきりと整理するためには適切な現場別管理が必要です。しかし現場管理には、ある3つの課題が発生します。