Web数学学習支援システム 数学到達度評価システム

メインイメージ

本システムは、大阪府立大学の文部科学省GP採択取組(平成19年度採択「大学初年次数学教育の再構築」および、平成22年度採択「学士課程教育における数学力育成」)における開発業務委託により、三谷商事株式会社が大阪府立大学と共同開発したeラーニングシステムです。

Web数学学習システムの特徴

  • ・微積分、線形代数あわせて約1200問
  • ・ユーザの入力をシステム側でMathematicaが解析
  • ・誤りパターンごとにメッセージを切り替えて表示
  • ・不正解の場合は何度でもやり直せる。例題とその解答・解説の表示機能あり
  • ・正解は表示しない。(教育的観点から。その代わり、解けなくて困っている学生は人的にサポートする想定)
  • ・解答欄は教材開発者が自由にレイアウト可能。テキスト入力だけでなく、選択メニューやラジオボタンも使用可能
  • ・学生の解答情報を問題情報とともにMathematicaの入力形式でログに保持。様々な分析が可能
  • ・教員向けに担当クラスの学生の学習状況確認機能あり

数学到達度評価システムの特徴

  • ・オンラインテストにより定着度をテストするシステム
  • ・学生用の利用モードとして、テストモードと練習モードがある
  • ・誤テストモードでは複数の問題を組み合わせたセットでテストを実施。 (制限時間付)
  • ・練習モードはテストを構成する各問題ごとに練習できる
  • ・問題パラメータは、ランダムシャッフル、ランダム生成に対応
  • ・練習モードは、Web数学学習システムとほぼ同じ
  • ・Web数学学習システムと同様に正解は表示しない
  • ・学生の解答情報と問題情報のログ形式はMathemtaicaの入力形式でログに保持
  • ・教員向けに担当クラスの学生の学習状況確認機能あり

システム要件

Webサーバ

  • OS:Red Hat Enterprise Linux 6.5以上、CentOS 5.5以上 仮想サーバ対応
  • CPU:Intel Xeon E5-2600相当 2コア以上推奨(同時接続数40程度を想定)
  • メモリ:8GB以上(同時接続数40程度を想定)
  • HDD:300GB以上
  • Web:Apache2以上、webMathematica2.0以上
  • その他:バックアップ・UPS等

DBサーバ

  • OS:Red Hat Enterprise Linux 6.5以上、CentOS 5.5以上 仮想サーバ対応
  • CPU:Intel Xeon E5-2600相当 2コア以上推奨
  • メモリ:8GB以上(同時接続数40程度を想定)
  • HDD:600GB以上
  • Web:PosgreSQL 8.1以上
  • その他:バックアップ・UPS等

システム要件に関しましては、別途お打合せの上、既存環境の利用等を含め最適な構成をご提案させていただきます。