イベント・セミナー

IT+教育最前線 2017 福岡 ~ 次世代の教育インフラ紹介セミナー~

貴校益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

今回ご案内するセミナーのテーマは「次世代の教育インフラ環境」です。
昨今、クラウドやタブレットの普及などICTの技術革新に加えて、
2020年に施行される新指導要領案では、プログラミング教育が
必修化されるなど教育のあり方そのものが大きな変化の時を迎えています。

そうした中で本セミナーでは、新しい教育インフラ環境で効果をあげて
おられる教職員の方々を始め多くの関係者にご登壇頂きます。
今回のセミナーを通じて、貴校の教育インフラ環境をより効果的に運用
するための参考になればと考えております。

皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。

本セミナーは終了いたしました。

日程・会場

開催日 2017/09/08(金)
開催時間 13:00~17:30(12:30開場 終了後情報交換会あり)
会場 福岡ビジネススクエア
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-6-10 FKビル2F
MAP
主催 三谷商事株式会社

セミナー内容

タイムテーブル

12:30 ~ 開場、受付開始
13:00

13:10
ご挨拶 三谷商事株式会社
13:10

14:00
福岡大学における教育研究基盤
~教育研究基盤の概要とセキュリティ~
学校法人福岡大学
情報基盤センター研究開発室
准教授 藤村 丞 氏
14:15

15:05
神戸大学における教育研究用計算機システムの構築
〜教育用端末・LMSを中心に〜
国立大学法人神戸大学
情報基盤センター
教育支援基盤研究部門
教授 熊本 悦子 氏
15:05

15:55
Google Class Roomで学習管理!
~G Suite LMSについて~
学校法人光明学園
相模原高等学校
教諭 笹原 健司 氏
16:10

17:30
社会と産学の協働による教育研究基盤セッション
①「学認の最新動向と学生支援サービス」
②「地域ソーシャル・ビッグデータ駆動システムと
  学認サービスの研究開発動向」
③「クラウド型認証システムによる利用について」
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立情報学研究所
学術認証推進室
室長 中村 素典 氏

学校法人 津田塾大学
総合政策学部 教授
・総合政策研究所 所長
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立情報学研究所
客員・名誉教授
曽根原 登 氏

三谷商事株式会社
竹内 資八
情報交換会

第1部(13:10~14:00)

講師名 学校法人福岡大学
情報基盤センター研究開発室
准教授
 藤村 丞 氏
テーマ 福岡大学における教育研究基盤
~教育研究基盤の概要とセキュリティ~
概要 福岡大学では、初代教育研究システムFUTURE(Fukuoka University Telecommunication and Utilities for Research and Education)を平成6年(1994年)に導入し、平成27年(2015年)には、第5世代となるFUTURE5を導入しました。このFUTUREは、福岡大学における教育研究の基盤をなす重要なシステムで、ネットワーク、サーバ、PC教室から構成されています。本発表では、これら基盤となるシステムの概要と本学が取り組んでいるネットワークセキュリティについて触れます。

第2部(14:15~15:05)

講師名 国立大学法人 神戸大学
情報基盤センター 教育支援基盤研究部門
教授
 熊本 悦子 氏
テーマ 神戸大学における教育研究用計算機システムの構築
〜教育用端末・LMSを中心に〜
概要 教育研究用計算機システム(KAISER)は、本学の全構成員に対して統合ユーザ管理システム、ネットワークサービス,教育・研究用システムを提供するIT基盤として整備されており、2016年9月に更新を行いました。本セミナーでは、Macによるネットブート環境での教育用端末と、今回新たに導入したLMSを中心にその構築・現状・今後について紹介します。

第3部(15:05~15:55)

講師名 学校法人光明学園 相模原高等学校
教諭 笹原 健司 氏
テーマ Google Class Roomで学習管理!
~G Suite LMSについて~

概要 GoogleのClass Roomの可能性についてお知らせしたいと思います。クラウドに学習データを置いて利用する仕組みが多く提案されるようになりました。どのシステムも目的はかなり近いものだと思います。アプリの設備投資なし。Chromeアプリを併用してできる「学習と記録」一緒に考えてみませんか。

第4部(16:10~17:30)

講師名 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
学術認証推進室
室長 中村 素典 氏

学校法人 津田塾大学 総合政策学部 教授 ・ 総合政策研究所 所長
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
客員・名誉教授 曽根原 登 氏

三谷商事株式会社
竹内 資八
テーマ 社会と産学の協働による教育研究基盤セッション
①「学認の最新動向と学生支援サービス」
②「地域ソーシャル・ビッグデータ駆動システムと学認サービスの研究開発動向」
③「クラウド型認証システムによる利用について」

概要 ①学術認証フェデレーション「学認」では、Webシングルサインオン技術を活用することで、学内外の様々なサービスを利用する際の利用者認証を統合し、安全性と利便性の向上とコスト削減を実現します。現在190以上の大学等が参加し約130万人の教職員・学生が利用可能で、最近では学割が可能なサービスが続々と加わってきています。本講演では、このような学認の動向についてご紹介します。

②「ソーシャル・ビッグデータ」とは、ビッグデータの中でも特に公共性を有し、社会のさまざまな分野において社会的課題の解決や新たなサービスの創出などに貢献できるものを指します。ソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに連携させることで社会の異なる事象を組み合わせて可視化し、エビデンス(科学的根拠)に基づく合理的な政策決定・意思決定を支援することができます。想定される活用例の一つに、地方創生で大きな柱となる観光分野があります。例えば、インバウンド旅行客の動きと宿泊施設の客室提供可能数を組み合わせてリアルタイムに把握することで、自治体や事業者は需要と供給のバランスが取れた効果的で即時性の高い施策を実施できるようになります。

③学生にiPad、ChromeBook、ノートPCを所有させ、1人1台環境を整備する動きが加速しています。BYOD環境の整備に伴い、無線LAN環境、eduroam、端末管理、アカウント管理、フェデレーションなど認証を中心としたソリューションを他大学の事例や製品等をご紹介させていただきます。

情報交換会

ささやかながら他校との情報交換を目的とした情報交換会を開催いたします。
教育機関の関係者様は無料にてご参加いただけます。

お問い合わせ

セミナー事務局

部署
三谷商事株式会社 情報システム事業本部 文教営業部
担当
大東
TEL
092-473-0016
FAX
092-473-0076
E-mail
edu-info@mitani-corp.co.jp