情報誌・レポート

ITコラム

ITコラム

Vol.11 データマイニング

皆さんの会社のコンピュータの中にもきっと膨大な売上や経理の伝票データが蓄積されていることと思います。 その膨大なデータを鉱山と見立て、その中から鉱石(宝物=各種データの相関関係や法則性などの情報・課題・仮説)を発見する技術のことをデータマイニング(マイニング=採鉱)と言います。 データマイニングを行うことによって膨大なデータの中から潜在的な顧客ニーズを発見したりすることが可能となります。 有名な話では「ビールを買う客は一緒に紙オムツを買うことが多い」という関係を発見しそれを併売することにより売上を伸ばしたと言うような事例がよく紹介されています。このように通常では考えつかない知見・仮説がデータマイニングを行うことによって発見することが出来るようになるのです。

実際にはいろんな統計手法などが有りますがそういう話は専門書に任せるとして、一番簡単に出来るのはExcelを使った分析ですね。 多分されている方もいらっしゃるのではないかと思います。 Excelにもフィルタやピボットテーブルの作成、さらにそれを可視化(グラフ化)することも可能ですから十分な機能を備えたデータマイニングツールと言えるでしょう。 ただ、Excelでは読み込めない大量のデータの分析を行おうとする時や、より高度な分析や予測を望む場合は高機能なデータマイニングツール(さらにデータウェアハウス)が必要となります。

いろいろな製品がでてますが、ここでは誰でも簡単に素早く分析できる、データ活用ツール「DataNature」をご紹介します。
「DataNature」は、下記のような便利機能を備えています。
  • 1. プログラムや面倒な定義を必要とせずに、Excelデータやテキスト・データ、Accessデータなどの分析対象のデータから自動的に分析用のボタンを生成しますので、ボタンを押すだけでデータ分析が可能です。
  • 2. OLTPに代表されるスライス&ダイスやドリルダウンも、目的のボタンを選択するだけで実現できます。
  • 3. 定型処理機能を使用すれば登録されているボタンをワンタッチするだけで欲しいデータをすぐに取り出せます。定型の登録は欲しいアウトプット画面で”登録”ボタンを押すだけです。
  • 4. さらに、別売りの「DBport」を使用すれば、RDBデータも簡単に取り出せてDataNatureで分析できます。
面倒なアプリケーションの設計や開発は必要とせずに、操作用ボタンをデータから自動生成できますので、パソコンに不慣れな方にも使って頂けると思います。
「DataNature」は株式会社エヌジェーケー様の登録商標、「DBport」は商標です。   

また、御社のデータベースにOracle Database を採用されているならば、さらに本格的な分析ツールとして、「Oracle BI Discoverer」を推奨します。
  • 1.簡単な操作で自由にデータをオンライン検索、分析、共有
    「Oracle Discoverer」は、データベースの非定形検索、分析、情報共有、レポート作成、配布といった一連のデータ活用手段を提供する多機能ビジネス・インテリジェンス・ツールです。
    「Discoverer Plus」は、簡単な操作でデータベースを自在に検索、及び分析することができます。長期間に渡る専門のユーザビリティ研究チームの検証を基に開発された、その洗練されたユーザー・インターフェースと直感的な操作性は、情報システムの担当者のみならず、業務に通じた現場や部門レベル、さらには経営者層まで使用するユーザーを選びません。
  • 2.ビジネスを読み解く分析力
    「Oracle Discoverer」は、「先月の売上は?」といったこれまでの定型的な問いを、「先月の売上の上位10店舗は?製品単位は?前年比は?さらに3ヶ月移動平均売上では?売上を顧客層に分けたら?」といったさらにビジネスに直結した問いに進化させます。
    「Oracle Discoverer」は、こうした日々の業務活動において生じる質問を、分析ワークシート内において、分析項目や集計項目を直感的にドラック&ドロップするだけでSQL文を自動生成し、オンラインで迅速に回答します。さらに、スライシングやダイシング、ドリル機能を活用して、さまざまな視点から現在のビジネスの状況を把握していきます。また、統計データのような複雑な関数を使用した集計項目を定義することも容易です。
  • 3.多彩なレポーティング能力
    「Oracle Discoverer」では、分析機能のみならず、50種類以上の定義済みグラフによる表現形式や詳細な印刷ページ設定、多彩なエクスポート形式、電子メール配信機能など、業務データや分析結果を、配布資料やファイル共有として活用するための仕組みが組み込まれています。特にエクスポート機能では、MS Excel、HTML、PDFなどさまざまなファーマット形式に即座に出力できます。
Oracle Discoverer についての詳細は
http://www.oracle.co.jp/appserver/BI/index.html を御覧下さい。

商品やサービスの供給が十分な昨今では、顧客の多様なニーズを把握することが最も重要な経営課題になっていると考えられます。顧客データを分析し、優良な顧客の発見や育成を支援するCRMは最も有効なデータマイニングの利用分野の1つと言えるでしょう。また創出された知見・仮説・課題を組織全体で共有し活用する為のナレッジマネジメントシステムとの融合も効果を上げる為に不可欠な要素と考えられます。

基幹のコンピュータシステムを事務処理用に使うだけでは宝の持ち腐れです。データマイニングを行い宝の山から本当の宝を発見し、そこから業務知識と経験に基づいて最適なアクションをタイムリーに起こせるような機動力が備われば、目に見える効果を上げることが可能になるでしょう。   
このページ上に表示される記事内容は三谷商事の見解を反映するものではありません。